事故に遭ったあとの車の処理について

愛車が不幸にも事故車となってしまった場合、評価額は著しく下がるでしょう。

自動車の買取りは、中古車を販売する業者らの流通業界で決められる買い取り相場というものが存在します。
これは、車によって異なる年式や程度、搭載する装備、カラー、走行距離など多くの条件を踏まえて大体の金額が相場として出されるもので、それに当てはめて、金額が決められるものです。

しかしこれは、大きな損傷がないことや事故車でないことが前提で、事故車であれば買取に対してデメリットが生じるでしょう。

しかし、事故車が二束三文ということではありません。
自動車は生産終了すれば、部品の保存年数が限られており、部品を他の車から取ることがあります。

テールランプやドアパーツ、ガラスなどのエクステリアパーツから、オーディオ関係やシートハンドルなどのインテリアパーツにエンジンルーム内のエンジンや電装パーツなどたくさんの部品が取れるため、部品取りとして高値で買い取ってくれることがあります。

Copyright© Accident car All Rights Reserved.