事故に遭ったあとの車の処理について

事故車を修理せずにそのまま買取りに出す場合、金額にはずいぶん開きが生じます。

例えば、修理してそのまま中古車市場に流すことができる程度の事故車であれば、保険を使って直して転売しますので、ある程度高い金額が臨めます。
しかし、既に不動車となっており、廃車に出すしかない事故車の場合には、分解してパーツや部品を転売し、残りを処分するという流れになりますので、これらの手続きにかかる費用などをパーツの代金から差し引いて支払われることになります。

この場合、満期までの保険金額は後日払い戻しがされますが、業者が手続きをして業者が受け取ることになるため、買取り金額にあらかじめ上乗せされて支払われることがほとんどです。
金額的にはあまり満足できないことも多いですが、その代わりに面倒な廃車の手続きや還付金請求の手続きをせずに済みますし、費用負担もありません。

こういった手続きをしてくれる業者は数が少ないので、しっかり探してみましょう。

Copyright© Accident car All Rights Reserved.